• HOME
  • 会社概要
  • 事業案内
  • 商品案内
  • お問合せ
  • 天気・ニュース
  • イベント情報
  • アウトレット
  • 気になる話題
HOME
会社概要
あいさつ
企業理念
企業情報
アクセス
事業案内
建築資材販売
各種工事
代理店・特約店・他
許 可
有資格者
商品案内
ランバックス
各種工事
薪ストーブ
耐震関連商品
リフォームローン
抗酸化商品
融雪機
青森県情報
業界トピックス
お問い合わせ

気になる話題(独り言)

- Akaishi News -


挟まる出産の現場


医師不足が話題となっている中、青森県内では産婦人科医師も不足しているのが現状です。
青森市内で分娩を行っている開業医は現在 ”5件”。
高齢化が進み、新規の開業がない中で、一層の減少がささやかれています。
開業医の1人は「今の時代、お産は大きな病院でやるものだと思っている。
自分も年だしそろそろ、、、」
開業医の高齢化による廃業という動きがある一方、少子化によって出生数が減っているという現実。
開業医減少の速さと、少子化のスピードどちらが速いか。
複数の関係者は「開業医減少のほうが、、、」と声を落とす。

ちなみに、協立病院も来年3月で分娩をとりやめることになったそうです。
協立病院の休診によって、青森市内の分娩施設は4月から県病・市民病院の公立病院2件と開業医5件のみになります。
公立、民間1施設ずつの上十三、下北に比べると多い方だが、
今後開業医が増える見込みがない中で、分娩は県病・市民病院へ集まることが予想される。
自分自身も最近子供が産まれて、この話題が目にとまったが、
妊娠・出産を希望している人を病院側が受け入れをできなくなることになるのが今後不安である。



薪ストーブ

青森市内新築住宅に薪ストーブを設置施工しました
写真は、試運転最初の火入れをした時のものです。
機種は アンヴィクタ スドン15(フランス製) でガラス面積が広く炎が良く見えます。
暖房面積はこれ1台で約30坪を暖める事ができます。
いつ見ても薪ストーブの炎は、体と一緒に心も温めてくれるものです
手間はかかりますが、好きな人は苦にならないはず。
興味のある方は薪ストーブの設置を検討してみてはいかがでしょうか



Update:2015/12/10